鯛のテンヤ釣り

8月の釣りから、9月に1回だけタイラバに行きました。

魚さんたちはだんだんいい季節になってきたのか、
タチウオくんや、アオリイカさんの元気な声も聞こえています。

出かけようと思って計画を練っていると、
台風がやってきて中止というのが続きました。

結局、この2ヶ月で1回しか出かけられませんでした。

そして、やっと出かけたのがまた鯛狙い。

水温が少し下がってきたのか、鯛の食いが落ちて、
タイラバでも釣れていないという話でした。

船長が、ウタセエビを用意してくれて、
これでやってみようということになりました。

普通のうたせエビを使う仕掛けは、胴付の3本針。

ハリスの長さが50cmくらいまでというのオーソドックスなんです。

これで、チャリコが群れていれば、
たくさん釣れるというのがパターンなんですが、
船長いわく、群れはおらんので、パラパラおるのを釣らンとあかん。

ならば、テンヤ仕掛けで釣ってみようということになりました。

といっても、今流行りのひとつテンヤのし掛けではなく、
タイラバのスカートの無いやつに、ウタセエビを付けて釣るというもの。

エサ取りも多いので、
あたりを取りながら釣るというものです。

私と、もうひとりの釣友は、合わせる釣りが好きなので、
喜んでました(^^;

釣り場につき、早速、仕掛けをいれると、
すぐにあたりがあります。

即合わせ。

魚信が伝わってきて楽しいです。

着底してから、仕掛けを50cmくらい持ち上げてやると、
あたりが出ます。

立て続けに5枚ほど小鯛、中鯛があがります。

釣り場を変えながらポロポロと拾い釣り。

潮が変わって、マルアジを釣ってみようと大きく移動。

でも、ダメです。

やっぱり鯛を釣ろうと再度テンヤ釣り。

鯛以外にも、ワニゴチ、石鯛、黒鯛、ガシラなどあがります。

おかえり願うげ等にはサメ、エイ、フグ。

エソも釣れましたが、エソは団子にすると船長がお持ち帰り。

あたりが頻繁にあり、魚が遊んでくれる楽しい釣りでした。

全体の釣果は

1018釣果

 

小さいのから大きいのまでいろいろでしたね。

もう一回くらいはテンヤ釣りできそうです。

私としてはアオリイカも釣りたいのですが。。。。。

コメントは停止中です。